KiCad

【KiCad】シンボルやフットプリントをライブラリに追加する方法

KiCadはデフォルトで数多くのライブラリが用意されているので、KiCadをインストールすれば、すぐに部品シンボルを配置して回路図を作成することができます。

【KiCad】ダウンロードからインストールまでの手順を紹介KiCadの公式サイトから実行ファイルをダウンロードして、お使いのパソコンにインストールすることで電子回路の設計や基板のレイアウトを無料で行うことができます。KiCadは操作性も非常にシンプルでわかりやすく、初心者の方でも始めやすい基板設計CADです。...

しかし、既存のライブラリーは全ての部品シンボルを網羅しておらず、回路図を作成してみると「配置したいシンボルがない」ことがあります。

こういう場合は、CAD用ライブラリ提供サービスサイトから作成済みの部品シンボルをダウンロードして追加するか、自分でシンボルを作成する必要があります。

本記事では、RSのコンポーネントサーチサイト(CAD用ライブラリ提供サービスサイト)からダウンロードして、シンボルやフットプリントを追加する方法を紹介しますので、是非参考にしてみてくだい。

デフォルトのライブラリー

シンボルライブラリーの保管場所

デフォルトのシンボルは各種コンポーネントライブラリ(拡張子が”.lib”のファイル)に情報が保存されています。
このフォルダの中には、コンポーネントライブラリの説明ドキュメント(拡張子が”.dcm”のファイル)も格納されています。
保存場所はCドライブのProgram Files\KiCad\share\kicad\libraryです。

フットプリントライブラリーの保管場所

デフォルトのフットプリントは各種部品毎にフットプリントライブラリフォルダ(拡張子が”.pretty”のフォルダ)の中に区分されています。
このフォルダの中に部品の実態となるフットプリント(拡張子が”.kicad_mod”のファイル)が格納されています。
保存場所はCドライブの\Program Files\KiCad\share\kicad\modulesです。

使いたい部品がない場合の対応方法

既存のライブラリーファイルをKiCadでロードすると使えるようになります。


しかし、全ての部品を網羅していないので、使いたい部品がないことがあります。

こういう場合はシンボルエディタまたはフットプリントエディタを開いて、新しい部品のデータシートや部品寸法を参照しながらライブラリを自作することがあります。

【KiCad】自作でシンボルを新規作成する方法KiCadで回路図を作成していると、シンボルがないことがあります。こういう場合はシンボルエディタで自分でシンボルを作成して、ライブラリに追加する必要があります。自作でシンボル作成する方法を分かりやすく解説していますので、この記事を参考にして回路図を作成してみてください。...
【KiCad】フットプリントを新規作成する方法KiCadのフットプリントが既存ライブラリにない場合は、自作してフットプリント作ります。DCDCコンバーター電源を例に作成方法を順序に沿って1から丁寧に紹介していますので、この記事を参考にして作成してみて下さい。...

数点の部品を自作するならまだしも、数十点の部品を自作するとなるとライブラリの作成に時間がかかってしまいます。形状が独特なものがあると大変な作業となり、非常に手間がかかってしまいます。

そこでCAD用ライブラリーを提供するサービスサイトから、既に作成されている部品ライブラリをダウンロードして追加する手順を紹介します。
効率がよく部品ライブラリーを追加できるのでオススメです。

PCB Part Libraryでライブラリを追加する方法

PCB Part Libraryは、SamacSysが提供する無料の電子部品CADライブラリ提供サービスです。各種電子部品のCADデータが参照できるようになっており、KiCad以外の様々なEDAに対応しています。

ダウンロードした部品のライブラリをインポートする事で部品ライブラリ作成の手間を無くす事ができます。このツールを利用するには、SamacSysにユーザー登録をする必要があります。その方法については後述します。

PCB Part Libraryのダウンロード

DESIGN SPARKの公式サイトを開いて、Library Loaderをダウンロードしましょう。

ホーム画面 > 設計ライブラリ集 > PCBパーツライブラリ > SamacSysパーツファインダーの順に開いて、Library Loaderをセットアップをクリックして、ダウンロードフォルダに実行ファイルを保存します。

下のボタンからDESIGN SPARK公式サイトのamacSysパーツファインダーを開くことができます。

Library Loaderをダウンロードする

 

PCB Part Libraryのインストール

次の手順に沿って操作をします。LibraryLoaderSetupのバージョンは49でした(2021年7月時点)。

  • STEP1
    LibraryLoaderSetupの起動
    ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックします。

    インストーラーが立ち上がったら「Next」ボタンをクリックします。

  • STEP2
    フォルダのパスを指定
    インストール先のフォルダパスを指定します。ここはデフォルト設定のままで問題ないので、「Next」ボタンをクリックします。

    全てのユーザーに対してインストールするなら「Everyone」を選択します。現在ログインしているユーザーのみであれば「Just me」を選択しておきます。

  • STEP3
    インストール完了
    インストールが完了したら、デスクトップ上にLibrary Loaderのショートカットキーが作成されます。

 

PCB Part Libraryのセットアップ

デスクトップ上に作成されたショートカットキーをダブルクリックします。

  • STEP1
    アカウントの作成
    Library Loaderを初めて使用する場合はユーザー登録を行います。次の①名前、②苗字、③会社名、④職務内容、⑤住所、⑥メールアドレス、⑦パスワード、⑧ニックネームまでの内容を入力します。
    ユーザー登録済みである場合はログインをします。

  • STEP2
    ライブラリを保管するフォルダの指定
    ECADツール(Your ECAD Tool)を「KiCAD EDA」に変更し、Settingsボタンをクリックします。

    任意のフォルダを選択します。このフォルダにライブラリが追加されます。

    Show Library Import Instructionsのチェックを外して英語のメッセージが表示されないようにします。

  • STEP3
    セットアップ完了
    ECADツールまで設定したら、これでLibrary Loaderの設定は完了です。

KiCadのセットアップ

デスクトップ上にあるKiCadのショートカットキーをダブルクリックして、アプリケーションを起動します。

シンボルにライブラリを追加

ここからはKiCadがデフォルト以外のライブラリがロードされるように設定をします。アプリケーションのメニューバーから設定ボタンをクリックして、「シンボル ライブラリを管理」をクリックします。

ロードするライブラリのフォルダを追加します。「テーブルに既存ライブラリを追加する」ボタンをクリックします。

Library LoaderのSettingsで設定したフォル内に「SamacSys_Parts.lib」というコンポーネントファイルが作成されていますので、このファイルを選択して開くボタンをクリックします。

テーブルに以下のように追加されていることを確認して、OKボタンをクリックします。

フットプリントにライブラリを追加

続いてKiCadがデフォルト以外のフットプリントライブラリがロードされるように設定をします。アプリケーションのメニューバーから設定ボタンをクリックして、「フットプリント ライブラリを管理」をクリックします。

ライブラリが保管されるフォルダのパス情報を追加します。「テーブルに空行を追加する」ボタンをクリックします。

先程追加した空行と「ライブラリーのパス」の列にフォーカスを当てます。Gridのセルの右端にフォルダのアイコンがあるので、クリックします。

SamacSys_Parts.pretty」というフォルダが作成されていますので、クリックしてフォルダの選択ボタンをクリックします。このフォルダの中にダウンロードした部品のフットプリント(拡張子が”.kicad_mod”のファイル)が自動で格納されます。

テーブルに以下のようにライブラリーのパスが追加されていることを確認して、OKボタンをクリックします。

ここまで操作が完了したら、もう一息です。

部品ライブラリーの追加

それでは部品ライブラリーを追加してみましょう。RSコンポーネンツが提供するライブラリ提供サイトである「RS Commponet Seach」を開きます。

RS Component Seachを開く

サイトの中央部に検索欄があるので、追加したい部品の名称や型番を入力して検索ボタンをクリックします。

検索ワードに一致する部品が一覧で表示されます。部品のイメージ写真やデータシートが添付されているので、資料を参照して追加したい部品を探します。ECAD Modelの列から追加したい部品のアイコンボタンをクリックします。

MEMBERSと記載されている項目からダウンロードをします。初回「FREE DOWNLOAD」をクリックすると、サインインを求められますので、Library Loaderでユーザー登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

ダウンロードした部品は、Library Loaderの設定で指定したライブラリやフォルダに自動で追加をしてくれます。これで部品の追加は完了ですので、確認してみましょう。

KiCadのメニュー画面からシンボル エディターを開いて、「SamacSys_Parts」ライブラリを展開します。先程ダウンロードした部品が追加されていることが確認できればOKです。

フットプリントについても確認してみましょう。KiCadのメニュー画面からフットプリント エディターを開いて、「SamacSys_Parts」ライブラリを展開します。同様に先程ダウンロードした部品が追加されていることが確認できればOKです。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

プログラミングを学習したいなら…

プログラミングスキルを身に付けるなら、プログラミングを効率良く学べる
プログラミングスクール」がオススメです。

特にこんな方にオススメ!!
これからエンジニアを目指したい
プログラミングの専門性を高めたい
プログラミングを学んで副業をしたい
エンジニアに転職して年収をアップさせたい

プログラミングを触ったことがない未経験からでも、プログラミングスクールで学習すれば、エンジニアへ就職・転職することも可能です。

あなたの「行動力」と「やる気」で、あなたの人生を大きく変えるチャンスになることでしょう。

プログラミングスクールに興味がある方は是非チェックしてみてください。

> プログラミングを学ぶ <

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA